首位ドルトムントが痛恨ドロー、連勝バイエルンが2差に迫る/ブンデス第9節

首位ドルトムントが痛恨ドロー、連勝バイエルンが2差に迫る/ブンデス第9節
 ブンデスリーガ第9節が26日から28日にかけて各地で行われた。

 開幕8戦負けなしで首位に立っているドルトムントは、ホームでヘルタ・ベルリンと2-2のドロー。6勝3分けと無敗を維持したものの、後半アディショナルタイムの失点で勝利を逃した。MF香川真司はベンチ外だった。

 前人未到の7連覇を目指す王者バイエルンは、マインツとのアウェイゲームで2-1と勝利。リーグ戦では3戦勝ちなしから2連勝と復調し、ドルトムントに2ポイント差に迫った。

 MF長谷部誠がフル出場のフランクフルトは、FW久保裕也が88分までプレーしたニュルンベルクと1-1のドロー。デュッセルドルフに7-1と圧勝。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチスタートで、78分からプレー。チームはヴォルフスブルクに0-3と敗れている。

 ブレーメンのFW大迫勇也はレヴァークーゼン戦で今シーズンの2得点目を挙げたものの、チームは2-6と大敗。大迫は74分までプレーしている。

 ホームでのアウクスブルク戦に臨んだハノーファーは、1-2と敗戦。MF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

 ブンデスリーガ第9節の結果は以下のとおり。次節は来月2日から4日にかけて行われる。

■ブンデスリーガ第9節結果

フライブルク 3-1 ボルシアMG
ドルトムント 2-2 ヘルタ・ベルリン
ハノーファー 1-2 アウクスブルク
マインツ 1-2 バイエルン...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。