【インタビュー】伊東純也、佐々木翔らを発掘…甲府の名スカウト・森淳が持つ“目”と“思考”とは

【インタビュー】伊東純也、佐々木翔らを発掘…甲府の名スカウト・森淳が持つ“目”と“思考”とは
拡大する(全1枚)
 森保ジャパンには二人の「元ヴァンフォーレ甲府」がいる。佐々木翔(現・サンフレッチェ広島)は2012年から3シーズン、伊東純也(現・柏レイソル)は2015年に1シーズン、それぞれ甲府でプレーしていた。いずれも神奈川大の出身で、森淳スカウトの導きによりこのクラブでプロ生活を開始した。

 森スカウトはフジタ、日本代表で活躍した往年の大型CB。Jリーグが開幕した翌年の1994年にスカウト活動を開始した、J最古参スカウトでもある。ベルマーレ平塚時代に当時の「高卒No.1」だった中田英寿を獲得した実績を持つが、今在籍している甲府はスモールクラブ。大物選手の獲得で都会のビッグクラブと正面対決することは、無謀と言っていい。彼は2010年から在籍している甲府で、一味違う方法論を見せてきた。

 この目利きは「ビッグクラブに行くような選手はそもそも取れない」と言い切る。また有望選手は得てして自己評価が高い。甲府なら主力になれるレベルの人材が、ビッグクラブに進んで埋もれる現象もしばしば起こる。一方で今はスモールクラブへの追い風がある。

「選手には(J2の方が)チャンスはあると言い続けていますし、実際そうなっています。スカウト同士でも『J2のクラブはもっと自信をもって動くべき』と話してきましたが、今は色んなチームが面白い選手を獲っている」(森)

 スモールクラブの売りは「いい経験を積める可能性が高い」こと。素晴らしいポテンシャルを持っていても、試合に出なければスポイルされる――。それはサッカーに限らないアスリートの鉄則だ。森は競合する選手を口説くとき、こんな話をするという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヴァンフォーレ甲府」に関する記事

「ヴァンフォーレ甲府」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴァンフォーレ甲府」の記事

次に読みたい「ヴァンフォーレ甲府」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク