鹿島アントラーズ、アジアの頂点まであと一歩! Jリーグ勢ACL決勝激闘録

鹿島アントラーズ、アジアの頂点まであと一歩! Jリーグ勢ACL決勝激闘録
 11月10日、24時(11日0時)から鹿島アントラーズがペルセポリスとのAFCチャンピオンズリーグ決勝に臨む。今月3日に鹿島のホームで行われた決勝第1戦では、レオ・シルバとセルジーニョの得点で勝利。複数得点且つ無失点という理想的な形で先勝した。約10万人を収容する敵地アザディスタジアムでの決勝第2戦、鹿島は引き分け以上で文句なしの優勝。2点のアドバンテージがあるため、1点差以内の負け、1点以上を奪っての2点差負けでもクラブ史上初のACL制覇が決まる。

 現行のACLでは2007年の浦和レッズを皮切りに、翌2008年にはガンバ大阪がアジア制覇を成し遂げJリーグ勢連覇を達成。そして昨年は浦和が実に10年ぶりの優勝を果たした。決戦を前にJリーグ勢ACL決勝での激闘を振り返る。

2007年 浦和レッズ

決勝第1戦:セパハン 1-1 浦和レッズ

【得点者】
0-1 45分 ポンテ(浦和)
1-1 マフムド・カリミ(セパハン)

【スターティングメンバー】
GK23都築龍太:DF2坪井慶介、DF5ネネ、DF20堀之内聖:MF13鈴木啓太、MF22阿部勇樹、MF17長谷部誠、MF14平川忠亮、MF10ポンテ:FW21ワシントン、FW9永井雄一郎(73分 FW11田中達也)

決勝第2戦:浦和レッズ 2-0 セパハン

【得点者】
1-0 22分 永井雄一郎(浦和)
2-0 71分 阿部勇樹(浦和)

【スターティングメンバー】
GK23都築龍太:DF2坪井慶介、DF4

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
サッカーキングの記事をもっと見る 2018年11月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。