森保ジャパン、年内ラストマッチは4発快勝! 5戦無敗でアジアカップへ

森保ジャパン、年内ラストマッチは4発快勝! 5戦無敗でアジアカップへ
       
 キリンチャレンジカップ2018が20日に行われ、日本代表とキルギス代表が対戦した。

 日本は16日のベネズエラ代表戦からスターティングメンバーを全員入れ替え、GK権田修一、DF室屋成、三浦弦太、槙野智章、山中亮輔、MF三竿健斗、守田英正、伊東純也、原口元気、FW北川航也、杉本健勇の11人が先発。山中はこれが代表デビュー戦となった。

 試合は開始早々に動く。2分、速攻を仕掛けた日本は、ペナルティエリア手前中央で受けた杉本が左サイドを駆け上がった山中へパスを預ける。これを受けた山中が得意の左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らした。先制した日本は19分、原口がドリブルを仕掛けてファウルを誘い、エリア手前左でFKを獲得。自らキッカーを務めた原口が直接決めてリードを2点に広げた。

 その後も試合の主導権を握る日本は72分、エリア内中央で守田から縦パスを受けた北川が落としたボールを大迫勇也がダイレクトで流し込み3点目を奪う。直後の73分には南野拓実から堂安律へと素早くつなぎ、最後はゴール前でラストパスを受けた中島翔哉がフィニッシュ。途中出場の3人で崩し、4点目が決まった。

 試合は4-0でタイムアップ。日本代表は森保一監督体制4勝1分けと無敗を維持したまま、来年1月にアジアカップを迎える。

【スコア】
日本代表 4-0 キルギス代表

【得点者】
1-0 2分 山中亮輔(日本)
2-0 19分 原口元気(日本)
3-0 72分 大迫勇也(日本)
4-0 73分 中島翔哉(日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
権田修一;室屋成、三浦弦太、槙野智章(61分 吉田麻也)、山中亮輔;三竿健斗(60分 柴崎岳)、守田英正;伊東純也(59分 堂安律)、北川航也(72分 南野拓実)、原口元気(72分 中島翔哉);杉本健勇(59分 大迫勇也)

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アジアカップ」に関する記事

「アジアカップ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アジアカップ」の記事

次に読みたい「アジアカップ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。