ドルトムント、DFハキミをレアルから完全移籍で獲得へ…CEOが明言

ドルトムント、DFハキミをレアルから完全移籍で獲得へ…CEOが明言
 ドルトムントは、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミの完全移籍を考えているようだ。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が25日に伝えている。

 現在20歳のハキミはレアル・マドリードの下部組織出身。2016年からトップチームでプレーし、同年10月にはモロッコ代表デビューを果たした。今夏にドルトムントへレンタル移籍で加入。今シーズンのブンデスリーガで8試合に出場し、1ゴール3アシストを記録している。

 バルセロナからレンタル移籍中だったスペイン代表FWパコ・アルカセルを完全移籍で獲得したドルトムント。同クラブのCEO(最高経営責任者)であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏は、ハキミの買い取りも検討していることを明かした。

「パコ・アルカセル、ドルトムントへようこそ。そして、ハキミにも同様のことをしようとしている。それは簡単なことではないとわかっているけどね」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年11月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。