原口元気、古巣ヘルタと初対戦も不発「少しでも良いところを見せたかった」

原口元気、古巣ヘルタと初対戦も不発「少しでも良いところを見せたかった」
 ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気は、12月1日に行われたブンデスリーガ第13節のヘルタ・ベルリン戦に66分から途中出場。古巣との対戦だったが、得点に絡むことができず、チームも0-2で敗れた。

「すごく思い入れのあるチームとの試合だった」。2014年夏に欧州挑戦の第一歩を踏み出したヘルタ・ベルリンと初の古巣対決だったため、「対戦相手だけど、温かく接してもらえた。そういうチームに少しでも良いところ見せたかったし、良い試合をしたかった」といつも以上に気持ちが入ったが、「チームとしても、個人としても、ほぼ何も見せれなかったのは悔しい」と“恩返し”をできずに悔やんだ。

 左サイドハーフで途中出場した原口は、積極的にボールに絡んで攻撃のリズムを作ろうと奮闘したが、ゴールにはつながらなかった。「ある程度、右サイド、左サイド、自由に動けた。(左サイドで)待っていてもチャンスにならないので、いろんなところに顔を出して。それくらいしないとちょっと変わらない部分もあるかなと思った」。

 チームは完封負けを喫し2勝3分8敗で降格圏内の17位に転落。この危機的な状況に「監督は(ポジションを)いろいろ動くのは好きじゃないかもしれないけど、でも何かを変えたかった。それで結果が出れば良かったですけど」と自身の試行錯誤を明かし、「少なからずいろいろ変化はさせて、いろいろ試みたのは良かったかなと思う」と努めて前向きに語った。

 ハノーファーは次節、12月9日にアウェイでマインツと対戦する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュース

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宇佐美貴史」のニュース

次に読みたい関連記事「宇佐美貴史」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。