岡崎慎司、過密日程の中で蘇ったハンター「戦い続けるという信念」

岡崎慎司、過密日程の中で蘇ったハンター「戦い続けるという信念」
[サムライサッカーキング1月号掲載]

所属チームは不振を極め、シーズン序盤にはケガで離脱を余儀なくされたシュトゥットガルトの岡崎慎司。日本代表やヨーロッパリーグの試合をこなす過密日程の中で、自らの持ち味を出すことを心に決めて遂行し続け、“理想の形”を体現した一人のストライカーの“今”に迫る。

Text by Yusuke MIMURA Photo by Getty Images, Itaru CHIBA

 日本と同様、ドイツでも季節は秋から冬へと変わった。そんな中、寒さを吹き飛ばすような活躍を見せているのがシュトゥットガルトの岡崎慎司だ。

 ワールドカップアジア最終予選のオマーン戦で決勝ゴールを決め、ヨーロッパリーグのステアウア・ブカレスト戦では1試合2ゴール。そして、グロイター・ヒュルト戦でチームを7位にジャンプアップさせる決勝ゴールを決めた。9月の終わりにケガをしてから、これほどまでの活躍を見せるようになったその裏には何があったのだろうか。

 岡崎は9月26日のホッフェンハイム戦で左足の親指を骨折した。手術をすれば2カ月は戦列を離れないといけないと見られたが、手術は回避。そこからわずか3週間余り、10月21日のハンブルガーSV戦でベンチ入りを果たした。この試合では出番こそなかったものの、4日後のELコペンハーゲン戦で途中出場で復帰を果たすと、その3日後のフランクフルト戦でもピッチに立った。岡崎はケガの痛みをこらえながらプレーを続ける道を選んだのだ。この決断が大きな意味を持つことになるのだが、それはもう少し先の話になる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡崎慎司 Instagram
  2. 岡崎慎司 レスター
  3. 岡崎慎司 年俸
サッカーキングの記事をもっと見る 2012年12月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡崎慎司 + 評価」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。