群馬の33歳MF小林竜樹が現役引退…湘南でもプレー「すべての人に感謝」

群馬の33歳MF小林竜樹が現役引退…湘南でもプレー「すべての人に感謝」
 ザスパクサツ群馬は13日、MF小林竜樹が今季限りで現役を引退すると発表した。

 小林は1985年生まれの33歳。駒澤大学出身で、2008年に湘南ベルマーレに加入した。2009年8月からはザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)へ期限付き移籍で加入。2010年に湘南へ復帰した後、2011年7月から草津(現・群馬)でプレーを続けていた。今月5日に契約満了が発表され、現役引退を決断した。

 キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで1試合出場、明治安田生命J2リーグで223試合出場22得点、明治安田生命J3リーグで25試合出場2得点を記録している。

 現役引退にあたり、小林は以下のようにコメントしている。

「今シーズン限りで現役引退します。プロ生活11年と長いようで短い時間でしたが、辛いことも楽しいこともたくさんあってとても濃い時間でした。プロ生活をする上で、良い仲間にずっと恵まれてきました。湘南ベルマーレ、ザスパクサツ群馬共に親身になってくれる監督、スタッフ、メディカルスタッフ、チームメイトのおかげで毎日充実してサッカーに向き合えました。本当に今までお世話になったすべての人に感謝しています」

「プロ生活をスタートした湘南ベルマーレでは、なかなか試合に出ることができず厳しい時間を過ごしましたが、毎日充実してサッカーに向き合うことができました。トータル9年間という長い時間を過ごしたザスパクサツ群馬では、ここでは書ききれないほどに本当にいろいろな思い出があります」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュース

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。