クラブW杯でついに再戦! “鹿島vsレアル”2年前とは違うこと

クラブW杯でついに再戦! “鹿島vsレアル”2年前とは違うこと
 2年越しとなるリベンジのチャンスが巡ってきた。現在開催中の「FIFAクラブワールドカップ UAE 2018」、アジア王者の鹿島アントラーズは、準々決勝で北中米王者のグアダラハラ(メキシコ)に勝利。次はいよいよ、欧州王者のレアル・マドリードとの一戦を迎える。2016年大会、決勝戦で両チームが繰り広げた激闘は記憶に新しい。鹿島の選手たちは「あくまで大会へのリベンジ」と話すが、2年ぶりの再戦に大きな注目が集まっている。そこで、19日にキックオフを迎える一戦の前に前回対戦時との違いを整理しておこう。

≪2016年対戦時の結果と先発メンバー≫

【スコア】
レアル・マドリード 4-2 鹿島アントラーズ

【得点者】
1-0 9分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
1-1 44分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)
1-2 52分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)
2-2 60分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/レアル・マドリード)
3-2 98分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
4-2 104分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
ケイラー・ナバス;ダニエル・カルバハル、セルヒオ・ラモス(108分 ナチョ)、ラファエル・ヴァラン、マルセロ;カゼミーロ、ルカ・モドリッチ(106分 マテオ・コヴァチッチ)、トニ・クロース;ルーカス・バスケス(81分 イスコ)、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド(112分 アルバロ・モラタ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。