“常勝鹿島”のシンボル・小笠原満男の全17冠

“常勝鹿島”のシンボル・小笠原満男の全17冠
「チームを勝たせることができなくなった」。そう感じて小笠原満男は現役引退を決意したという。

 1998年、大船渡高校から鹿島アントラーズに入団。以降、獲得した主要タイトルの数は17を数える。チームが25年間で積み上げた全20冠のほとんどを小笠原は掲げてきた。いつしか鹿島は「常勝軍団」と呼ばれるようになり、小笠原はその象徴としてチームを牽引し続けた。だからこそ、自らの力に限界を感じたことで、担ってきた役割を後輩たちに託すという決断に至ったのだろう。

 発表から2日経った今でも、引退を惜しむ声は後を絶たない。その雄姿を称え、色褪せることはない21年の足跡を振り返りたい。

写真=Jリーグ、ゲッティイメージズ
※出場試合数と得点数はJリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯、AFC・チャンピオンズリーグから算出。

1998年

7試合1得点
獲得タイトル:Jリーグ

小笠原の記念すべき1冠目はルーキーイヤーに訪れた。リーグ戦は5試合の出場に留まるも、天皇杯でプロ初ゴールをマークした。鹿島はジュビロ磐田とのチャンピオンシップに勝利し、リーグ王者を手にした。


1999年

21試合4得点
獲得タイトル:なし

2000年

38試合9得点
獲得タイトル:Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯

背番号を27から「17」に変更した3年目にレギュラーに定着した。リーグ戦では28試合、カップ戦を含め計38試合に出場。史上初となるJリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯の国内3冠を達成した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。