「『悔しい』の連続だったけど」…“黄金世代”は最後までライバルであり仲間だった

「『悔しい』の連続だったけど」…“黄金世代”は最後までライバルであり仲間だった
 日本代表が「AFC アジアカップUAE2019」に向けた合宿を行っていた27日夜、メンバーに衝撃を与えるビッグニュースが飛び込んできた。鹿島アントラーズで17冠獲得に貢献し、JリーグチャンピオンシップとナビスコカップMVP各2回、2009年にはJリーグMVPに輝くなど、個人タイトルも多く獲得してきた小笠原満男が現役引退を表明したのである。

「知らなかったので驚きはもちろんありますし。元チームメートとしても、同じ東北人としても、満男さんがした決断に対しては、お疲れ様と言いたいと思います」(柴崎岳

 冷静な口調で森保ジャパンの背番号7はこう話したが、内心は少なからず動揺があっただろう。日本サッカー界全体に絶大な影響を及ぼしてきた39歳の男がユニフォームを脱ぐことは、それだけ大きな出来事だった。

 小笠原の存在が日本で知られるようになったのは、1995年U-17世界選手権の頃。15歳から日の丸を背負った彼は「東北の星」と言われ、将来を嘱望されていた。しかし、小野伸二稲本潤一ら同級生の実力者の壁は厚く、本大会は予備登録に留まった。当時のチームを率いた松田保監督が「15歳の小笠原はボール技術は抜群なのに、人見知りが激しく、一言も喋らない少年だった」と述懐するように、コミュニケーションの乏しさも1つの壁になっていた。

 その状況はU-20に昇格してからも続いた。小野、稲本、中田浩二、本山雅志ら1979年生まれの“黄金世代”は、18歳で98年フランスワールドカップに出場した小野と傑出した存在を中心に、チームワーク抜群だった。ところが、彼らとは対照的に小笠原は群れることを好まなかった。「あまり人とつるみたくない」と発言したこともある。今にして思えば、それは彼なりの激しいライバル意識の表れだったのかもしれない。人一倍負けず嫌いな男は、同期のスターたちとハイレベルな競争を繰り広げ、自らの技術を磨き続けた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月31日のサッカー記事
「「『悔しい』の連続だったけど」…“黄金世代”は最後までライバルであり仲間だった」の みんなの反応 2
  • 名無し 通報

    クラブ、代表で頑張っている川島選手、吉田選手、高徳選手、長友選手、長谷部選手、山口選手、宇佐美選手、香川選手、本田選手、岡崎選手、宮市選手、その他の選手も頑張って下さい

    0
  • 名無し 通報

    またいつかザッケローニさんと共に違うメンバーでW杯を戦って欲しい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。