フットサルで磨いた決定力を武器に3得点 帝京長岡FW晴山岬が目指す大迫勇也越え

フットサルで磨いた決定力を武器に3得点 帝京長岡FW晴山岬が目指す大迫勇也越え
取材・文=河合拓(提供:ストライカーデラックス編集部)

 選手権1回戦、序盤からほとんど高知西に攻められることなく、押し込んでいた帝京長岡にピンチが訪れたのは1-0でリードした前半18分だった。相手CKの流れから放たれたシュートが、クロスバーをたたく。ヒヤリとさせられた帝京長岡イレブンだったが、このこぼれ球を拾うと、カウンターに転じる。前方へのロングボールを入れると、最前線では2トップがボールを待っていた。オフサイドポジションにいた小池晴輝は、プレーに関与せずにゆっくりと自陣方向に戻るなか、爆発的なスピードでボールの落下点に走りこんだのが、晴山岬だった。

 小池と入れ替わる形でボールを受けた晴山は、ステップを刻みながら細かくボールを動かしDFを翻弄。シュートコースができると迷わず左足を振り抜き、ゴールネットを揺らして見せた。小池とのコンビネーションに加え、自分でボールを運べる能力とコンパクトに振り抜くフィニッシュの技術。夏に開催された第5回U-18フットサル選手権で大会通算12得点を挙げてチームを優勝に導き、大会得点王、MVPの個人賞も総なめにした2年生ストライカーの長所が、存分に発揮された得点だった。

 選手権初ゴールを決めた晴山は、「持ち味のファーストタッチで良いところに置けたので、そこからスピードで相手をはがして、GKの逆を突いてシュートを打ちました。狙いどおりでした」と、このゴールを振り返った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年12月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。