2013年注目のコロンビア代表、黄金時代の幕開け

2013年注目のコロンビア代表、黄金時代の幕開け
ワールドサッカーキング 0117号 掲載]

1月4日発売のワールドサッカーキング最新号では、2013年のサッカー界を動かす最重要100選手をカウントダウン形式で紹介している。更に、番外編として2013年注目の代表チームに迫ったリポートも掲載。
1990年代、天才司令塔カルロス・バルデラマを擁して魅力溢れるサッカーを体現したコロンビア。94年ワールドカップ以降は低迷が続き、表舞台から姿を消していたが、ラダメル・ファルカオを中心に再び、黄金期を迎えようとしている。
 
文=ヘラルド・ロハスText by Geraldo ROJAS

翻訳=池田敏明 Translation by Toshiaki IKEDA

写真=アフロ Photo by AFLO
 
天才バルデラマを中心に躍進を遂げる  
 南米大陸における弱小国の一つだったコロンビアが最初に躍進を果たしたのは、1980年代のことだ。その輝きは1人の天才ゲームメーカーによってもたらされた。金髪のカーリーヘアに口ひげという独特のルックス、走るスピードは平均的だが、ボールコントロール能力は驚くほど高く、優れたプレービジョンを生かして絶妙なスルーパスを連発する。コロンビアサッカー界史上最高の英雄、カルロス・バルデラマである。激しいチャージを受けてもバランスを崩すことなくボールをキープし、右足のインサイドでボールを蹴り出すと、その先のスペースには必ずと言っていいほど味方選手が走り込んでいる。すべてのチャンスがバルデラマから創出されると言っても過言ではなかった。
 
 バルデラマを擁するコロンビアは1987年のコパ・アメリカで3位入賞を果たすと、90年には28年ぶりにワールドカップに出場。イタリアで行われた本大会ではグループリーグ突破の好成績を残した。更に、続く94年アメリカW杯に向けて、バルデラマに加えてファウスティーノ・アスプリージャ、フレディ・リンコンといったタレントが台頭。南米予選では敵地でアルゼンチンに5-0の大勝を飾るなど、まさに絶頂期を迎えようとしていた。
 
(続きを読む...)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年1月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。