「目標は史上最高のW杯にすること」アル・ヘライフィー氏、カタールの現状に言及

「目標は史上最高のW杯にすること」アル・ヘライフィー氏、カタールの現状に言及
 パリ・サンジェルマンの会長であり、FIFAワールドカップ組織委員のナーセル・アル・ヘライフィー氏が取材に応じ、2022年にカタールで開催されるワールドカップについて語った。

「サッカーはカタールで一番人気のスポーツです。昨日行われたPSGの公開練習にも多くのファンが詰めかけました。この国の“サッカー熱”を感じてほしい」とコメント。「中東で初めてのワールドカップが開催できることを誇りに思います。目標は史上最高のワールドカップにすること」と大会成功に向けて意気込みを話した。

 現在カタールでは2022年に向けて交通機関を整備中。ドーハメトロと呼ばれる地下鉄の一部は年内にも完成する見込みで、「2020年までには全て完成する予定」と会長も明言。スタジアム建設についても「ここまではスケジュール通りに進んでいる」と順調に進行していることを明かした。

 また本大会出場国を前倒しで48カ国に拡大する案については「FIFAとは協議を重ねていく」とコメントしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年1月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。