「勢いがある。侮れないチーム」…田嶋会長がベトナム代表を警戒

「勢いがある。侮れないチーム」…田嶋会長がベトナム代表を警戒
 AFCアジアカップUAE2019 決勝トーナメント1回戦が21日に行われ、日本代表が1-0でサウジアラビア代表を下した。

 試合後取材に応じた田嶋幸三会長は「勝ってよかった。本当にそれが最初の言葉です」と安堵の様子を見せ、「15時だからある程度こういう試合展開かなと予測できた」とキックオフ時間が試合に影響したとの見解を示した。「うちの良さが全く出せない中で勝ったのは、非常に大きいと思います」と苦しみながらも勝利したチームを評価した。

 また、24日に行われる準々決勝で対戦するベトナム代表については「勢いがある」として、「オーストラリアを破ったヨルダンに勝ってきている。1試合1試合上がってきていて、侮れないチーム」であることを強調。「もう一度、気を引き締めて。私が言わなくても、彼らはもちろんわかっているくらい、チームとしては成熟していると思っています」と信頼を口にした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年1月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。