アーセナル、ハメスの獲得に関心も…レアルはライバルへの売却を希望

アーセナル、ハメスの獲得に関心も…レアルはライバルへの売却を希望
 アーセナルレアル・マドリードからバイエルンへレンタル移籍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得に関心を示している。21日にイギリス紙『インディペンデント』が報じた。

 J・ロドリゲスは今シーズン限りでバイエルンでのレンタル期間が満了。所属クラブのレアル・マドリードへと来シーズンから復帰する予定だが、スペインでは苦しいポジション争いが同選手を待ち受けている。

 同紙によると、レアル・マドリードはトッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンか、ベルギー代表MFエデン・アザールいずれかの選手の獲得を希望しているという。アザールのチェルシー残留も不透明ではあるが、J・ロドリゲスとエリクセンの大型トレード移籍を図っているレアル・マドリードは、アーセナルよりも、ライバルであるトッテナムへの売却を望むと伝えられている。

 また、アーセナルはJ・ロドリゲスの代理人と接触が確認されているものの、獲得は困難だという。レアル・マドリードは同選手を完全移籍でならば退団を許すそうだが、アーセナルはレンタル移籍を希望している状況だ。クラブを率いるウナイ・エメリ監督は冬季移籍市場開幕時に移籍予算が財政上少なく、レンタル移籍でしか選手を獲得できないと提言していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年1月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。