アジア杯決勝の主審はイルマトフ氏…サウジ戦では厳しい判定に苦しむ場面も

アジア杯決勝の主審はイルマトフ氏…サウジ戦では厳しい判定に苦しむ場面も
 AFCは31日、AFCアジアカップUAE2019決勝の審判団を発表した。

 主審はウズベキスタン出身のラフシャン・イルマトフ氏に決定。今大会では決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦で主審を務め、日本代表の選手たちは厳しい判定に戸惑う場面も見受けられた。なお、日本が優勝を果たした2011年大会の決勝もイルマトフ主審が担当している。

 日本対カタールのアジアカップ決勝は2月1日(金)23時キックオフ。試合の模様はテレビ朝日系列とNHK BS1で生中継される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年1月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。