FWエミリアーノ・サラの搭乗飛行機残骸から遺体発見

記事まとめ

  • 行方不明中のアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラが乗ったと思われる飛行機の残骸から遺体が発見された。
  • 発見された機体の残骸は胴体後部の左側で、遺体の特定には至っていないという。
  • 警察の捜索は中断されたが有志の支援によって再開され3日からはソナーによる海底調査が行われていた。

水中映像を確認…行方不明のFWサラ搭乗、飛行機から1名の遺体発見

水中映像を確認…行方不明のFWサラ搭乗、飛行機から1名の遺体発見
 行方不明になっているアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラが乗ったと思われる飛行機の残骸から、1名の遺体が発見されたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に伝えている。

 報道によると、飛行機の残骸を捉えたとみられる水中の映像から1名の遺体が発見されたと、イギリス航空事故調査局(AAIB)が発表したという。遠隔操作車両(ROV)によって機体の残骸周辺を検索し、映像を調査員が分析。サラが搭乗していた飛行機であると結論付けたうえで、調査が進められているようだ。発見された機体の残骸は胴体後部の左側で、遺体の特定には至っていないという。

 なお3日付の『スカイスポーツ』によれば、イギリス航空事故調査局とともに捜索を行っていた海洋探検家のデイヴィッド・ミアンズ氏が「飛行機の残骸が発見された。今後AAIBは声明を発表する予定です」とコメントしていた。

 サラは先月21日にナントからカーディフへの移籍が決定。ナント・アトランティック空港からカーディフへと向かっていた。しかし、同選手とパイロットのデイヴィッド・アイボットソン氏が搭乗していた小型飛行機が、チャンネル諸島付近の海域でレーダーから姿を消していた。

 1月25日に警察による捜索は中断されたが、民間による寄付やクラウドファンディング、ディエゴ・マラドーナ氏、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、マンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロらの支援によって再開。今月3日からはソナーによる海底の調査が行われている。


あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。