初優勝の鵬翔の松崎監督「今までやってきて良かった」/高校選手権

初優勝の鵬翔の松崎監督「今までやってきて良かった」/高校選手権
 第91回全国高校サッカー選手権決勝が19日に国立競技場で行われ、ともに初優勝を目指す宮崎代表の鵬翔と京都代表の京都橘が対戦。2-2から突入したPK戦を5-3で制した鵬翔が初優勝を飾った。  試合後、鵬翔の松崎博美監督は、以下のように優勝の喜びを語った。 「ありがとうございます。今日の試合、子供たちにも『国立で楽しもう』と話していましたが、あきらめずに、点を取られても追いつき、笑顔が素晴らしい試合でした。たくましい子たちを持って本当に幸せ。技術的にも、精神的にも強くなっていくのが日に日に見えました」 「(中濱健太は)けがのほうは回復していました。延長も踏まえ、スタミナが心配でしたが、相手の背後を突くにはスピードのある選手が必要だと思い、後半スタートから投入しました」 「(4回のPK戦勝利は)こんな経験はないのですが、子供たちが気持ちの強いPKをずっとやってくれました。それが最後まで良かったんじゃないかなと思います」 「(ハーフタイムの指示は)『浅田卓人(GK)が止めたけど、プッシュされた。気にするな。1点取れれば、2点、3点いけるぞ』と言ったが、向こうも堅かった。(2点目を取られたときは)声が出ませんので、がんばれとしかいえない(笑)。コーチ陣に指示は任せました」 「(守備の強さは)トーナメントを勝つために失点しないサッカーを心掛けてきました。大学生とのゲームをたくさんやりました」 「今年度から新しいコーチが入り、技術の指導の点や、子供たちに年齢も近いですし、それがプラスだったと思います」 「(延期の間の調整は)変わったことはしていません。学校も始まっていますし、一度(宮崎に)帰って、家にも帰って、それがリフレッシュになったと思います。インフルエンザとかは心配でしたが、それも大丈夫でした」 「(京都橘の2トップへの対策は)スピードがありますし、特に10番(小屋松知哉)のところでボールが収まるので、相手のほうがうまかったです。2人の速攻は速くてDFも苦労したが、特に対策というのは考えていませんでした」 「(PKは)気持ちで蹴っているような気がします。技術以上に気持ちで押し切っていると思います」 「(国立で2度のリードを追いつく試合をしたが)子供たちが本当に強いだけで、僕らがなにをやったというわけではありません。厳しいトレーニングをしてきましたが、子供たちの精神力の強さ、チームワークが良かったと思います」 「(リーグ戦とトーナメントの違いや影響は)リーグ戦からトーナメントに入ると難しい。何回も失敗したことがあります。プリンスリーグの中で培ったものがあるが、トーナメントの場合はもう1つの勝負がある。気持ちの強さが、リーグ戦からトーナメントに切り替えるポイントかなと思います。リーグ戦は勝ち点1が必要なときと勝ち点3が必要なときがある。条件によってシビアなところがあります。短期決戦のトーナメントは勝負強さかなという気がしますね、子供たちの」 「全員、特にスタメンの子たちが成長しました。キャプテンの矢野大樹が精神的な柱として、みんなを引っ張ってくれていると思います」 「(決勝の会場に来たOBの顔を見て)最高でした。今までやってきて良かった。いい子供たちを持って良かった。宮崎の子供たちには、『自分たちもやればできる』ということを選手たちが教えてくれたと思います」 [写真]=足立雅史

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
サッカーキングの記事をもっと見る 2013年1月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。