FC岐阜、阿部正紀が主将に就任…竹田忠嗣と宮本航汰が副キャプテンに

FC岐阜、阿部正紀が主将に就任…竹田忠嗣と宮本航汰が副キャプテンに
 FC岐阜は18日、2019シーズンのキャプテンと副キャプテンが決まったと発表した。

 キャプテンを務めるのは、DF阿部正紀に決まった。同選手は1991年生まれの27歳。東京国際大学出身で、2014年から岐阜でプレーしている。昨季は明治安田生命J2リーグで全42試合中41試合に出場して1得点を記録。キャリア通算では明治安田生命J2リーグで176試合出場7得点を記録しており、今季は200試合突破に期待がかかる。

 キャプテン就任にあたり、阿部は以下のようにコメントしている。

「今シーズンキャプテンを務めることになりました。キャプテンとしての責任、自覚をもって少しでもチームがよくなるために自分が引っ張っていきたいと思います。今年こそ試合を見に来る皆さんに勝つ試合を多く見せ、笑顔で帰ってもらえるよう頑張ります」

 そして副キャプテンは、DF竹田忠嗣、MF宮本航汰に決定。両選手は以下のようにコメントしている。

■竹田忠嗣
「今シーズン、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。FC岐阜に良い影響を与えられるようにやっていきたいと思います」

■宮本航汰
「キャプテンの阿部選手と仲間を助けられるように頑張ります。よろしくお願いします」


あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年2月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。