初招集組とのプレーイメージを膨らませる南野「いい準備ができている」

初招集組とのプレーイメージを膨らませる南野「いい準備ができている」
 キリンチャレンジカップ・コロンビア代表戦を翌日に控え、MF南野拓実が“初招集組”とのプレーについて語った。

 前日練習を終えて取材に応じた南野は、「レベルの高い選手ばかりなのですごく楽しいし、刺激をもらいながらいい準備ができていると思います」と充実の表情を浮かべた。

 今回、FWはアジアカップに出場した大迫勇也武藤嘉紀、北川航也が不在で、鈴木武蔵と鎌田大地が初招集された。トップ下を主戦場とする南野にとっては、彼らとの連携構築が一つのポイントとなるだろう。

 鈴木とは同じリオ五輪世代ということもあり、「武蔵に関しては今まで一緒にプレーしてきているので、彼のスピードや裏に抜けるダイナミックさといったところを生かしていければ」とその特長を熟知。一方、鎌田については「もう少し足元でボールを受けたり引いてプレーすることもできるので、大地が入ったとしたらポジションをチェンジしながらできると思います」とイメージを膨らませた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年3月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。