バロテッリのミラン加入にインテル会長「ミランは賭けに出た」

バロテッリのミラン加入にインテル会長「ミランは賭けに出た」
 日本代表DF長友佑都の所属するインテルのマッシモ・モラッティ会長が、マンチェスター・Cからミランへ移籍したイタリア代表FWマリオ・バロテッリについてコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 バロテッリは、2006年からインテルの下部組織に所属し、2007年にトップチームデビュー。2010年夏にマンチェスター・Cに移籍するまでトップチームで3シーズンを過ごした。モラッティ会長は、バロテッリが同じミラノのライバルチームへ移籍したことについて、「良い補強じゃないかな。我々はバロテッリ獲得ができなかったし、すべきではなかった。彼は元々ここにいた選手だし、ミランは賭けに出たわけだから、これからどうなるかだね」と冷静にコメントしている。

 また、インテルサポーターの間で、バロテッリのライバルチーム加入を残念がる声が多いことには、「はっきり言って、私は熱狂的インテリスタ(インテルサポーター)だが、残念だとは思っていない。(ミラン名誉会長のシルヴィオ)ベルルスコーニに有益な取引だったということだろう」と語り、バロテッリについての無関心をアピールしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年1月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。