【ヤングスター列伝①】疾風怒濤のドリブルマスター/ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)



 テクニックに秀でている点はネイマール譲りか。股抜きやシャペウを繰り出すことが多く、“遊び心”あるプレーは見ている者を楽しませてくれる。もちろん魅せるプレーに終始するわけではなく、対峙する相手のバランスを崩す細かいフェイントや予備動作も非常に上手い。

 ヴィニシウスに対する称賛の声は、サッカー界の至る所から聞こえてくる。レアルのOBであるフェルナンド・モリエンテス氏も、彼を高く評価する一人だ。

「一対一に強く、走ることが得意な素晴らしい選手だ。まだ彼は非常に若いし、成長するまで時間をかけて見守らねばならない。だが、今のようなプレーを続けていけば、間違いなくワールドクラスの選手になるよ」

 決定力に課題がある、時にエゴが強すぎるなどと言われることもあるが、思い出してほしい。彼はまだ“18歳”の若者なのだ。超一流選手になるための伸びしろと時間が、ヴィニシウスには多く残されている。

文=松本武水
写真=Getty Images


あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年4月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。