斉藤光毅「結果を残さないと同世代の人たちは…」…17歳のアタッカーが見据える世界との戦い

斉藤光毅「結果を残さないと同世代の人たちは…」…17歳のアタッカーが見据える世界との戦い
「ドリブルしている最中に、自分の中で『(シュートを)打つ』って決めていた部分があった。うまく縦で相手を抜けて、(シュートの)角度を作ってGKのニアを抜けたのはよかったと思います」

 21日のJ2リーグ・ジェフユナイテッド千葉戦。17歳のアタッカー・斉藤光毅(横浜FC)は85分、味方GKのロングボールに反応。一瞬のスピードで抜け出し、左サイドでボールを受けた。ゴールライン際で相手DFを突破すると、右足を振り抜いて、豪快に右足を一閃。ゴールネットを揺らした。

 4月3日にプロ初ゴールを記録したばかりの若き点取屋にとって、自身2点目はチームの勝利を決定付ける貴重な追加点となった。

 横浜FCは1点ビハインドを背負っていたが、斉藤が流れを変えた。54分にピッチへ送り出されると、前線での推進力が攻撃陣を活性化し、試合のリズムはガラリと変わった。直後にイバのゴールで同点に追いつくと、82分には田代真一のゴールで逆転に成功。そして、最後は斉藤自らが決めて横浜FCは勝利を手にした。



 この華々しい活躍を間近で見ていた20歳年上の松井大輔も「シュートもすごくうまいし、自分の形を持っている。試合をこなすごとにだんだん強くなってきた。性格的にもすごい真面目だし、大きく成長するんじゃないかな。本当にいい選手だよね」と手放しで喜んだ。斉藤自身は、「チームが苦しい状態で自分が入って3点を取れたのは、自分のおかげってわけではないかもしれませんけど、結果が出たことはすごくポジティブに捉えて、今後の自信につなげられたらいいかなと思います」と安堵感をにじませた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年4月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「京都サンガ」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「FC岐阜」のニュース

次に読みたい関連記事「FC岐阜」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。