【インタビュー】Jリーグ入場者数増の裏側にある「Jリーグ×NTTドコモ」のデジタル戦略 杉本渉さん(株式会社Jリーグデジタル)×石村彰啓さん(株式会社NTTドコモ)

【インタビュー】Jリーグ入場者数増の裏側にある「Jリーグ×NTTドコモ」のデジタル戦略 杉本渉さん(株式会社Jリーグデジタル)×石村彰啓さん(株式会社NTTドコモ)
 Jリーグが好調だ。2018年の明治安田生命J1リーグは全体で約583万人の観客を集め、前年比1パーセント増を記録した。リーグ全体では4年連続で入場者数1000万人を突破。スポーツメディアではなかなかニュースにならないが、重要な数字であることは間違いない。Jリーグが全体として「伸びている」ことを示す数字だからだ。

 その理由は一つではない。昨年のロシア・ワールドカップにおける日本代表の健闘も追い風になったはずだし、アンドレス・イニエスタフェルナンド・トーレスを筆頭に、世界的なスタープレーヤーがJリーグに参戦したことも大きい。「明治安田生命Jリーグ フライデーナイトJリーグ」(金曜日開催)導入の効果を挙げることもできるだろう。

 しかし日常的にJリーグを観戦しているファンなら、この数年の間に起きた変化に気づいているはずだ。Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」がローンチされ、インターネットでチケットを買いやすくなった。会場によってはスマホ一つで入場ができるようになった。スタジアムで快適にWi-Fiが使えるようになった。つまり、デジタル化が一気に進み、Jリーグ観戦における利便性が増した。

 これらの背景には、Jリーグと「トップパートナー契約」および「オフィシャルテクノロジーパートナー契約」を結ぶNTTドコモとの、デジタル分野の取り組みがある。JリーグとNTTドコモ、お互いの強みを生かしたこのプロジェクトについて、株式会社Jリーグデジタルの杉本渉さん、そして株式会社NTTドコモの石村彰啓さんのお二人にお話を聞いた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年4月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。