フローニンゲンの若手MFライスがバルサ加入か…推定移籍金は約7億円

フローニンゲンの若手MFライスがバルサ加入か…推定移籍金は約7億円
 日本代表MF堂安律の所属しているフローニンゲンのオランダ人MFルドヴィト・ライスが、バルセロナへの加入するようだ。22日、スペイン紙『マルカ』が大手メディア『フォックス・スポーツ』のインタビューを引用して伝えている。

 フローニンゲンのエグゼクティブマネージャーを務めるハンス・ナイラント氏は今回『フォックス・スポーツ』のに応じ、「我々は彼が来シーズン、バルセロナへ去ってしまう可能性について真剣に考えているよ」とコメント。ライスを巡ってバルセロナのユースを担当するホセ・マリ・パケーロ氏と話し合いがあったと語っている。

 ナイラント氏はインタビューで金額について明かしていないが、オランダメディアが報じるところによると移籍金は600万ユーロ(約7億5千万円)ほどになるという。またバルセロナのBチームからバルサ生活が始まるようだ。

 ライスは現在18歳の若手有望株。今シーズンはリーグ戦27試合に出場している。
 

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年4月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。