【コラム】“ユヴェントス最後のセリエA得点王”…伝説の背番号10、デル・ピエロの動向に世界中が注目

【コラム】“ユヴェントス最後のセリエA得点王”…伝説の背番号10、デル・ピエロの動向に世界中が注目
 2018-19シーズンのイタリア・セリエAは、5試合を残す“史上最速タイ”の記録で優勝が決まった。スクデットを掲げたのは、もちろんユヴェントス。8連覇の偉業は、2位ナポリに「20」もの勝点差をつけた圧倒的な勝利だった。
 今シーズンの主役は、やはり昨年夏にレアル・マドリーから加入したクリスティアーノ・ロナウドだろう。あの電撃移籍から1年足らず。新たな舞台が世界で最も「戦術的」で「守備的」とも評されるセリエAであっても、彼の個性が輝きを失うことはなかった。第35節終了時点で21得点はリーグ3位タイの成績だが、得点力だけでなく、その圧倒的な存在感とチャンスメーク力で8連覇に大きく貢献したことは間違いない。C・ロナウドは、白黒の縦縞を着てもやはりC・ロナウドだった。
 今シーズンは残り3試合。得点ランキングのトップに立つサンプドリアのファビオ・クアリアレッラとの4ゴール差を逆転することができれば、ユヴェントスの歴史においては2007-08シーズンに21得点を記録したアレッサンドロ・デル・ピエロ以来のセリエA得点王となる。クラブを離れて7年の歳月が流れた今でも、多くのファンにとってデル・ピエロはユヴェントスが誇るスーパースターであり、レジェンドの一人だ。


 C・ロナウドがまだレアル・マドリードの一員だった2017-18シーズン、チャンピオンズリーグ準々決勝の相手はユヴェントスだった。勝敗の行方をほとんど決めてしまった第1戦、レアル・マドリードに3-0の勝利をもたらしたのは2つのゴールを決めたC・ロナウドだ。この試合の直後、解説者としてイタリアメディア『Sky』に出演したデル・ピエロは興奮気味にこう話した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。