ここに続くのは誰だ? U-20W杯を経て飛び立った大物選手たち

ここに続くのは誰だ? U-20W杯を経て飛び立った大物選手たち
 22回目を迎えるFIFA U-20ワールドカップが5月23日にポーランドで開幕する。U-20世代における世界最高峰の大会とあって、各国から“スターの卵”たちが参戦。過去にも数多くのタレントがこの大会をきっかけにブレイクを果たし、ワールドクラスの仲間入りを果たした。

 一時代を築いたレジェンドから、今まさに世界のトップシーンで活躍する一流選手まで。今回は、U-20ワールドカップに出場した世界的なプレーヤーを7名紹介する。

ロナウジーニョ(元ブラジル代表)

U-20W杯出場歴:1999年ナイジェリア大会(当時の呼称はFIFAワールドユース選手権)
当時所属:グレミオ
*2018年に現役引退

 小野伸二稲本潤一ら“黄金世代”を中心とするU-20日本代表が準優勝を果たした1999年大会には、のちに第一線で活躍するタレントたちが数多く参加していた。U-20ブラジル代表で7番をつけたロナウジーニョもそのうちの一人。準々決勝で敗退したものの、5試合に出場してチーム最多の3ゴールを挙げる活躍を見せた。その2年後にパリ・サンジェルマンへ移籍すると、2003年からはバルセロナでプレー。世界屈指のファンタジスタとして、FIFA最優秀選手賞を2004年、2005年に連続で受賞した。

アンドレス・イニエスタ(元スペイン代表)

U-20W杯出場歴:2003年UAE大会(当時の呼称はFIFAワールドユース選手権)
当時所属:バルセロナ

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。