湘南のルーキーFW大橋祐紀が右足を手術…全治8カ月と発表

湘南のルーキーFW大橋祐紀が右足を手術…全治8カ月と発表
 湘南ベルマーレは16日、FW大橋祐紀が右足の前十字じん帯損傷、外側側副じん帯損傷、大腿二頭筋損傷と診断されたことを発表した。同選手は4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサガン鳥栖戦で負傷。今月15日に手術を無事終えたことも発表されている。

 大橋は1996年生まれの現在22歳。中央大学出身で特別指定選手を経て、今季より正式に湘南に加入した。負傷した鳥栖戦でプロ初ゴールを挙げていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュース

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュース

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。