「マラドーナ降臨」「日本初の決勝」「アフリカ旋風」…U-20W杯をプレーバック

「マラドーナ降臨」「日本初の決勝」「アフリカ旋風」…U-20W杯をプレーバック
 5月23日にポーランドで開幕するFIFA U-20ワールドカップ。「20歳以下の世界選手権」として1977年に誕生した同大会は2年に一度のペースで開催され、今回で22回目を迎える。

 FIFA(国際サッカー連盟)が手掛けた最初の「年代別ワールドカップ」であり、1974年にFIFA会長に就任したジョアン・アベランジェ氏(ブラジル出身)の「サッカーを(欧州と南米だけではなく)世界のものとする」という公約に基づいて開催が実現した。

 1930年に始まったFIFAワールドカップほどではないが、すでに40年以上の歴史を誇り、これまでに数々のドラマや名場面が生まれてきた。今回は5大会に厳選して、U-20ワールドカップの“これまで”を振り返る。

■1979年日本大会 “スーパー”マラドーナ降臨

優勝:U-20アルゼンチン代表

 1977年に行われた第1回のチュニジア大会から2年後、第2回大会の開催国となったのが日本だった。初出場を果たした日本は松本育夫監督の下、“世界での1勝”を狙ったが0勝2分1敗でグループステージ敗退。それでも大会の熱が冷めることがなかったのは、アルゼンチンのレジェンドとして知られるディエゴ・マラドーナが初めて来日を果たし、圧巻のパフォーマンスを披露したからだ。

 当時18歳だったマラドーナは、アルゼンチンの10番としてピッチ上で躍動。ソ連との決勝戦では、直接FK弾を決めて母国を初優勝に導くと、大会MVPにも選ばれた。なお得点王を獲得したのは、1993年に横浜

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。