湘南戦で負傷した鳥栖DF藤田優人、右ひざ負傷で全治4週間の診断

湘南戦で負傷した鳥栖DF藤田優人、右ひざ負傷で全治4週間の診断
 サガン鳥栖は18日、DF藤田優人の状態について発表した。

 藤田は4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節湘南ベルマーレ戦に出場。開始早々の1分、相手選手と接触し、7分にDF小林祐三と交代しピッチを後にしていた。

 状態が心配されていたが、鳥栖は18日、公式サイトを更新。「右ひざ外傷性滑膜炎」と診断され、16日に行われた手術も無事に終了したことを発表した。なお、全治4週間ほどが見込まれている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サガン鳥栖 + フェルナンド・トーレス」のおすすめ記事

「サガン鳥栖 + フェルナンド・トーレス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュース

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。