初戦の相手は“南米王者”! 日本戦へ向けて新オプションもテスト?【U20エクアドル代表】

初戦の相手は“南米王者”! 日本戦へ向けて新オプションもテスト?【U20エクアドル代表】
 エクアドルがU-20ワールドカップに出場するのは、今大会が4回目。彼らは今年1月から2月にチリで行われたU-20南米選手権において初優勝を飾り、初めて“南米王者”としてU-20ワールドカップに挑む。

 U-20南米選手権では攻撃力で他を圧倒した。パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン、ペルーと対戦したファーストステージでは、初戦でパラグアイに3-0と快勝。続くウルグアイ戦こそ1-3で敗れたが、その後はアルゼンチンに1-0、ペルーに3-1と連勝して首位通過を決める。ファイナルステージはエクアドル以外にアルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、ブラジル、ベネズエラが進出し、6チームによる総当たりで行われた。エクアドルは初戦でアルゼンチンを2-1で下すと、ウルグアイに0-1で敗れた後、コロンビアに1-0、ブラジルに0-0、最後のベネズエラ戦は3-0。ファイナルステージ5試合を3勝1分け1敗とし、アルゼンチンやウルグアイを勝ち点で上回って見事、大会制覇を成し遂げた。

 アルゼンチン人のホルヘ・セリコ監督はU-20南米選手権では主に4-2-3-1のフォーメーションを採用し、ポゼッションスタイルを志向した。最終ラインからビルドアップする際はGKのモイセス・ラミセスも加わってボールを回し、チャンスをうかがう。そして前線にボールが入ると一気にテンポアップ。小柄な左利きのアタッカー、ジョルダン・レサバラが自由自在に動き回り、ドリブルやラストパスで決定機を作り出す。両サイドバックのジョン・エスピノサとディエゴ・パラシオスは猛烈なスピードで前線へと攻め上がり、攻撃に厚みを加える。最前線で待ち構えるレオナルド・カンパーナは187センチの長身でありながらスピードやテクニックも申し分なく、U-20南米選手権では6ゴールを挙げて大会得点王に輝いている。今大会に挑む21人のメンバーも、もちろんU-20南米選手権の優勝メンバーが中心だ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。