マンC優勝直後の興奮そのままに! ノエルが来日公演で『Wonderwall』熱唱

マンC優勝直後の興奮そのままに! ノエルが来日公演で『Wonderwall』熱唱
 イギリスのロックバンド、Oasisを脱退後、Noel Gallagher’s High Flying Birdsとして活動しているノエル・ギャラガーが、約4年ぶりとなる日本でのツアーを実施。初日となる15日には幕張メッセでパフォーマンスした。

 何の因果か、直前の12日にはノエルの愛するクラブであるマンチェスター・Cがプレミアリーグ連覇を決めた。優勝を決めたスタジアムにもノエルの姿はあり、その後すぐ、日本にやってきたというわけだ。

「ノエル・ギャラガー=マンチェスター・C」の図式は、日本でもすっかりおなじみ。ここ数年、日本でパフォーマンスする際、筆者も毎回会場に行っているが、回を追うごとに“水色率”が増加している印象だ。

 この日も会場にはヴァンサン・コンパニやセルヒオ・アグエロなど、現在の中心選手のネーム入りや、2000年代初期のユニフォームを着るファンや、水色のジャージやタオルマフラーを巻くファン。オフィシャルグッズも水色メインだから、それもそのはず。日本のマンチェスター・Cファンが一堂に会する、一番の場所なのではないかなと思ってしまうほど。

 開演となる19時30分、『Fort Knox』でライブがスタートすると、『Holy Mountain』をはじめとしたダンサブルなナンバーで会場を盛り上げていく。ステージ上には、いつも通りマンチェスター・Cのフラッグが飾られている。

 配信が始まったばかりの新曲『Black Star Dancing』を披露しつつ、『The Importance Of Being Idle』や『Little By Little』といったOasisの楽曲もプレイ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・シティ 監督
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。