ラキティッチがデ・ヨングの加入に言及…「僕のポジションは僕にしかできない」

ラキティッチがデ・ヨングの加入に言及…「僕のポジションは僕にしかできない」
 バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、フレンキー・デ・ヨングの加入が自身の出場機会には影響を与えないと話している。22日スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 来シーズンのバルセロナ加入がすでに決まっているデ・ヨングは、「ラキティッチの後釜」という見方が一部でされてきた。このような噂についてラキティッチは、「デ・ヨングのような素晴らしい選手がチームに加わることを嬉しく思っているよ。彼の加入でチームはより強くなると思う」と話した。加えて、「ただ、僕のポジションは彼のポジションと被るとは思ってはいないし、僕のポジションは僕にしかできないと確信しているよ」と語っている。

 ラキティッチは2014年からバルセロナに加入し、数々のタイトル獲得に貢献してきた。引き続きバルセロナでプレーすることを望んでいるとされているが、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトや、アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの移籍資金確保のため、一部の選手を放出するのではないかと噂されている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。