A代表入りのライバルに「負けてられない」…GK若原智哉が日本を救うPKストップ!

A代表入りのライバルに「負けてられない」…GK若原智哉が日本を救うPKストップ!
 背番号「1」がチームを救った。1点ビハインドで迎えた52分、GK若原智哉がPKストップで相手の追加点を阻止。ビッグセーブで初戦での価値ある勝ち点1獲得に貢献した。

 U-20日本代表は、23日に行われたFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第1節で南米王者のU-20エクアドル代表と対戦。前半は相手に主導権を握られて、引いて守る時間が続くと、45分に不運なオウンゴールで先制点を許す。さらに後半の立ち上がりには、これも不運なハンドによってPKを献上。追加点を決められると勝ち点が遠のく絶体絶命のピンチを迎えたが、ここは守護神が立ちはだかった。

 若原は冷静だった。スカウティングとは違うキッカーだったが、「自分が思ったところに飛ぼう思った」と勘が働き、ジョルダン・レサバラのキックを完全に読み切って見事にストップ。影山雅永監督も「あそこで0-2になってしまうのと、止めてくれるのでは大きな違い。彼が勇気を持って、最後まで集中して相手との駆け引きをしてくれた」と守護神を絶賛した。

 さらにチームにも勇気を与えた。「あそこで0-2になってたら、メンタル的にも現実的にも難しかったと思うし、本当にいいセーブをしてくれて、みんなの士気もぐっと上がった。それがパワーになって前に行く推進力が出て、まだいけるんじゃないかなと思わせてくれた」。そう話した山田康太が、68分にこぼれ球を押し込んでゴール。PKをストップした若原の「いい流れに変えられたらいい」という思いが同点弾という形につながった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。