気持ちで押し込んだ! 山田康太が無我夢中の同点弾「あまり覚えていなくて…」

気持ちで押し込んだ! 山田康太が無我夢中の同点弾「あまり覚えていなくて…」
 無我夢中でゴールに押し込んだ。山田康太が世界大会の初戦で同点弾をマーク。勝ち点1獲得に導く値千金のゴールとなったが、「あまり覚えていなくて…」という。

 U-20日本代表は、23日に行われたFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第1節で南米王者のU-20エクアドル代表と対戦。左サイドハーフでスタメン出場した山田は、「先発で出ると決まったときから、気持ちも高ぶっていて、興奮を抑えられなかった」と話したが、それはチーム全体も同じで「前半は固くて自分たちのサッカーはできなかった」と振り返った。

 前半は相手にボールを支配されて苦しい時間が続くと、45分に不運なオウンゴールで失点。それでもハーフタイムでの話し合いが後半の立て直しにつながった。「『勇気を持ってサッカーをしよう』と、監督を含めて自分たちで話して鼓舞し合って、前向きに取り組めていた。不安要素はなかったし、みんなで必ず追いついて逆転しようという気持ちでいた」

 後半の立ち上がりにはPKのピンチを迎えたが、GK若原智哉がビッグセーブで相手の追加点を阻止。こぼれ球をかきだした山田は「本当にいいセーブをしてくれて、みんなの士気もぐっと上がった。智哉には感謝しかない」と称賛。この守護神の活躍に勇気をもらった。

 すると68分に見せ場が訪れる。ゴール前での競り合いから最後はペナルティエリア内に上がっていた山田が、こぼれ球を右足で叩き込んで値千金の同点弾。ゴールへの気持ちが強すぎて、極限まで集中していたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年5月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。