U-22日本代表、U-20イングランド代表に逆転勝利しトゥーロン白星スタート!

U-22日本代表、U-20イングランド代表に逆転勝利しトゥーロン白星スタート!
 第47回トゥーロン国際大会2019グループステージ第1戦が1日に行われ、U-22日本代表はU-20イングランド代表と対戦した。

 日本代表はGKにはオビ・パウエルオビンナ(流通経済大)を起用し、DFには大南拓磨(ジュビロ磐田)、椎橋彗也(ベガルタ仙台)、岡崎慎(FC東京)、古賀太陽(柏レイソル)が名を連ねた。中盤は神谷優太(愛媛FC)、長沼洋一(愛媛FC)、田中碧(川崎フロンターレ)、伊藤達哉(ハンブルガー/ドイツ)、船木翔(セレッソ大阪)を配置し、小川航基(ジュビロ磐田)がワントップを務める布陣で臨んだ。対するイングランド代表は今シーズンプレミアリーグで21試合に出場したドワイト・マクニール(バーンリー)などが先発に名を連ねた。

 日本は大会3連覇中のイングランドを相手にボールを支配する。16分には神谷がドリブルで持ち上がり決定機を迎えるが、シュートは枠を捕えることはできない。その後も再三相手ゴールに迫るもなかなか得点には結びつかない。すると37分、イングランドのコーナーキックからトレヴォ・チャロバー(チェルシー)のヘディングシュートで先制点を許してしまう。

 1点ビハインドで後半を迎えた日本は47分、船木のフリーキックに大南が合わせて同点に追いつく。さらに68分には、伊藤達哉が左サイドで相手DFを交わしクロスを供給、それを長沼が頭で叩き込み逆転弾となる2点目を沈めた。試合はそのまま終了し、1点差を守り切った日本は前回王者を相手に逆転勝利を収め、トゥーロン国際大会の初戦を白星で飾った。

【スコア】
U-20イングランド代表 1-2 U-22日本代表

【得点者】
1-0 38分 トレヴォ・チャロバー(イングランド)
1-1 47分 大南拓磨(日本)
1-2 68分 長沼洋一(日本)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。