好調維持する大宮に大打撃…GK笠原昂史とDF山越康平が長期離脱へ

好調維持する大宮に大打撃…GK笠原昂史とDF山越康平が長期離脱へ
 大宮アルディージャは11日、所属するGK笠原昂史とDF山越康平が負傷したと発表した。

 笠原は6日に行われたトレーニング中に負傷。右手第4中手骨骨折で全治約2カ月の見込みと診断されている。山越は5月26日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節の柏レイソル戦で負傷。左肩関節脱臼で全治約5カ月の見込みと診断されている。

 大宮は明治安田生命J2リーグ17節終了時点で、8勝7分け2敗の3位につけている。好調を維持するチームにとって、今季のリーグ戦16試合に出場していた笠原と5試合に出場していた山越の離脱は痛手となりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。