FC東京U-18からアメリカ留学の道を辿ったGK高瀬和楠の挑戦「ただのサッカー選手にはなりたくない」

FC東京U-18からアメリカ留学の道を辿ったGK高瀬和楠の挑戦「ただのサッカー選手にはなりたくない」
「サッカー選手がサッカーだけをする時代はもう終わったと思う」。そう語る高瀬和楠は、同年代の他の選手とは少し違った視点でサッカーと向き合っている。だからこそ、FC東京U-18を卒団後、アメリカにサッカー留学するという異色の挑戦に迷いはなかった。「ただのサッカー選手にはなりたくない」彼が思い描く未来図とは――。

「プロになる」か、「国内の大学でサッカーを続ける」か――。クラブユースを卒団した高校生の大半は、この2つのいずれかの道を辿る。しかし2018年夏、FC東京アカデミー出身のGK高瀬和楠は、海外留学という“第3の選択肢”を選び、アメリカ・フロリダ州にあるサウスフロリダ大学に進学した。

「自分の知らない世界に行ってみたい。自分の可能性を広げたい」。そう語る高瀬は、初めから海外に興味があったわけではなく、勉強熱心だったわけでもない。高校に入学した頃の彼はむしろ“真逆”だった。

「高校に入ったばかりの頃は、勉強なんか全然していなくて、サッカーだけやってればいいやって思ってたんです。プロになって、サッカーで生きていけばいいやって。まさに『ザ・サッカー少年』っていう感じの考え方ですよね(苦笑)」

 そんな彼の価値観を様々な“出会い”が変えていった。

「勉強を全然していなかった分、時間は結構あったので、人と出会う機会がありました。そこで、世の中にはいろいろな人がいること、自分と変わらないぐらいの年齢でも、サッカー以外の分野で“すごいこと”をしてる人がいっぱいいることを知った。それで、『自分はサッカー以外に何ができるんだろう?』と考えるようになって、『アメリカに行こう』という答えに行き着いたんです」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。