マンUがB・フェルナンデス獲得に本腰か…トッテナムやリヴァプールも関心を示す逸材

マンUがB・フェルナンデス獲得に本腰か…トッテナムやリヴァプールも関心を示す逸材
 マンチェスター・Uが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの獲得に本腰を入れるようだ。12日、イギリスメディア『Sports Mole』が報じている。

 現在24歳のB・フェルナンデスは、トップ下やインサイドハーフを主戦場とするMF。ノヴァーラやウディネーゼ、サンプドリアで経験を積んだ後、2017年6月にスポルティングへと移籍した。

 B・フェルナンデスにはトッテナムやリヴァプールも関心を示しているとされているが、マンチェスター・Uはここ数週間でこのポルトガル人との結びつきを一気に強めた模様だ。移籍金は5,800万ポンド(約79億8,568万円)とも言われている。

 果たして、ポルトガルのプレーメイカーは“赤い悪魔”の一員となるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・ユナイテッド 監督
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。