マンU、ベイル獲得を断念か…スールシャール監督の意向を受けて方針転換

マンU、ベイル獲得を断念か…スールシャール監督の意向を受けて方針転換
 マンチェスター・Uはレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルの獲得を断念したようだ。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が12日に伝えている。

 同メディアによるとエド・ウッドワードCEOは就任以来ベイルをターゲットとして獲得を目指してきたが、今回国内の若手を集めたいとするオーレ・グンナー・スールシャール監督の意向を尊重して方針を転換したようだ。ベイルはレアル・マドリードで厳しい立場に立たされており、今夏の移籍に支障はないが、マンチェスター・Uがこれ以上獲得に動くことはないという。

 またレアル・マドリードが獲得を狙っているとされるフランス代表MFポール・ポグバの移籍交渉の一部として、マンチェスター・U側のベイルへの興味を利用されることを防ぐ狙いがあるようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・ユナイテッド 監督
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。