2部降格も原口元気が「楽しめた」理由…「チームには申し訳ない話だけど…」

2部降格も原口元気が「楽しめた」理由…「チームには申し訳ない話だけど…」
「ミシャ(北海道コンサドーレ札幌・ペトロヴィッチ監督)の3バックをよく知っているからこそ、『もっとこうしたらいいのにな』というのは正直、ありました。でも、合わせた期間も1日だけだったし、その中で守備も工夫して、怖がらずに前に前にっていうのをずっと貫けた。まあ最低限かなと思います」

 9日のエルサルバドル戦は、森保一監督率いる日本代表にとって2度目の3-4-2-1システムへのトライとなった。原口元気は左ウイングバック(WB)で先発。森保監督が師と仰ぐミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いた浦和レッズで左WBとして活躍し、現所属のハノーファーでも同じ役割を担ってきた男は、フォーメーションに対する戦術理解度が誰よりも高かった。アドバンテージを存分に生かして、序盤から積極果敢に攻守両面に絡んだ。

 1つの成果が、永井謙佑の2点目をお膳立てした場面に表れている。橋本拳人から畠中槙之輔を経由して前線に供給されたボールに凄まじい走力で原口が追い付いた。ゴールラインぎりぎりのところで折り返すと、ボールはフリーで飛び込んだ永井につながり、アシストを記録した。

「得点に関わることがこの試合の目標だったので、結果が出てよかった」と本人も試合後、安堵感を吐露した。結局、67分でピッチを後にしたものの、5日のトリニダード・トバゴ戦で左WBを担った長友佑都とは異なる攻撃的一面を強く押し出したことで、自身の存在感を改めて印象付けたのは確かだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュース

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュース

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。