ベテランFW岡崎慎司が抱く若手への期待…「一気に評価を上げられる」

ベテランFW岡崎慎司が抱く若手への期待…「一気に評価を上げられる」
 日本代表は13日、コパ・アメリカ2019 グループステージ初戦のチリ戦へ向けてサンパウロ市内で初練習を行った。

 平均年齢22.2歳の若き代表チームがついに始動した。「南米最強」を決める同大会、招待国として出場する日本はチリ、ウルグアイ、エクアドルとグループステージで対戦する。A代表初招集の若い選手が多く名を連ねた日本が、本気でタイトル獲得を目指す強豪たちと雌雄を決する。

「チリは1人ではなく“全員”のチームなので、僕らが120パーセント出さないと勝てない相手。全員で出せるようにしたい」

 そう話すのは、代表通算50ゴールを決めてきたベテランFW岡崎慎司だ。ワールドカップに3度出場し、2ゴールをマーク。他にもアジアカップやコンフェデレーションズカップ、W杯アジア予選など幾多もの短期決戦を戦ってきた。所属クラブとの兼ね合いで今大会に招集できない選手が多い中、経験と実績を買われた岡崎は招集に応えた。

 三浦知良が記録した代表通算55ゴール(歴代2位)の更新も期待されるが、本人は「記録にはこだわっていないですけど、点を獲らないと勝てないですし、そういう選手として呼ばれてると思っている。ゴールを獲る気持ちで役割を果たしたい」と意気込んでいる。

「大会は一瞬で終わってしまう。初戦から“覚悟”がないと終わってしまうし、後悔だけが残る大会にしてほしくない。そういうことを試合前までチームに伝えて、当たり前のことをこなしつつプラスαで。100パーセントじゃかてないので。この大会は120パーセントを出せるように。期間も短いし、(メンバーが)パッと集まっての試合になる。その分、自分たちがどういうサッカーをするのか整理した状態で入らないと。話し合いながらチームとして120パーセント出せるようにしたいですね」

 今大会では初顔合わせの若い選手ばかりとの共演となるが、岡崎は「チャンスがある」と期待を寄せている。

「みんなにとって最高の場というか、一気に評価を上げられるような大会でもあると思う。そういうモチベーションを持ってる選手しかここにはいないと思うので、それを1つにしながら。その中でもチームのために犠牲を払わないといけないところもあると思う。色々な役割をこなしながら結果を出さないと」

 33歳のベテランは並々ならぬ覚悟を胸に、代表チームを牽引する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡崎慎司 日本代表
  2. 岡崎慎司 移籍
  3. 岡崎慎司 評価
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。