コパ・アメリカに出場する全12カ国の“ロシアW杯後の戦績”は?

コパ・アメリカに出場する全12カ国の“ロシアW杯後の戦績”は?
 日本時間6月15日朝、いよいよコパ・アメリカが開幕する。今大会は南米の10カ国に加え、招待国の日本とカタールがエントリー。全3グループに分かれて予選リーグを行い、各グループ上位2チームと3位チームの中から成績上位の2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。

 日本をはじめとする多くの国が昨夏のロシア・ワールドカップ後、2022年カタールW杯を見据え新たなチーム作りに着手してきた。そこで、コパ・アメリカ開幕を前に、ロシアW杯が閉幕した7月15日以降に行われた、出場全12チームの試合結果一覧をおさらいしよう。

グループA

開催国のブラジルは、ロシアW杯準々決勝でベルギーに敗れて以降、無敗のまま今大会を迎える。エースのネイマールをケガで欠くこととなったが、ロベルト・フィルミーノ、ガブリエル・ジェズス、フィリペ・コウチーニョ、ダヴィド・ネレス、リチャーリソンら豪華攻撃陣を中心に4大会ぶりの優勝を目指す。

ブラジル代表
(FIFAランキング3位/ロシアW杯ベスト8)
○ 2-0 アメリカ代表(A)
○ 5-0 エルサルバドル代表(H)
○ 2-0 サウジアラビア代表(A)
○ 1-0 アルゼンチン代表(C)
○ 1-0 ウルグアイ代表(H)
○ 1-0 カメルーン代表(H)
△ 1-1 パナマ代表(H)
○ 3-1 チェコ代表(A)
○ 2-0 カタール代表(H)
○ 7-0 ホンジュラス代表(H)
⇒9勝1分

ベネズエラ代表

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。