久保建英を指導するラウール監督の哲学「才能が全てではない。情熱が重要」

久保建英を指導するラウール監督の哲学「才能が全てではない。情熱が重要」
 日本代表MF久保建英レアル・マドリードに加入することが発表され、来シーズンはカスティージャ(Bチーム)でプレーすることが決まった。そのカスティージャを来シーズンから指揮するのはクラブOBの元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス氏。久保は偉大なレジェンドから指導を受けることになる。

 ラウール氏は10~14日にベラルーシの首都ミンスクで行われたUEFAグラスルーツカンファレンスに出席し、指導者としての哲学を語っている。UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイトが14日に伝えた。

 現在41歳の同氏は、レアル・マドリードの下部組織出身で1994年にプロデビューを飾った。レアルではクラブ歴代最多の公式戦通算741試合に出場し、323ゴールをマーク。その後、シャルケ(ドイツ)、アル・サッド(カタール)、ニューヨーク・コスモス(アメリカ)でプレーし、2015年11月に現役を引退した。

 21年間のキャリアで一度も退場したことがないラウール氏は、サッカーにおいて「リスペクト」が大事だという。「(子供の頃に初めてプレーしたチームは)ポジティブなグループだった。すぐにリスペクト、寛大さ、チームワーク、チームメイトへのサポート、そして対戦相手や審判への敬意といったチームスポーツの価値を学んだよ」

「私はいつもリスペクトを忘れない人間であろうとした。若い頃に学んだ価値観を大切にして生きてきた。自分のやることには常に情熱をもっていたが、他人へのリスペクトも忘れなかった。それはフットボールが教えてくれたことだ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。