約9カ月の時を経てチリと対戦へ…森保監督「チャレンジ精神を持って臨みたい」

約9カ月の時を経てチリと対戦へ…森保監督「チャレンジ精神を持って臨みたい」
 日本代表は16日、コパ・アメリカ初戦のチリ代表戦を前日に控え、試合会場のモルンビー(サンパウロ)にて最終調整を実施。前日会見に臨んだ森保一監督は「コパを連覇しているチリに対し、我々はチャレンジ精神を持って粘り強く勝利を目指していきたい」と意気込みを語った。

 初戦の相手であるチリは、本来“森保ジャパン”初陣の相手を予定していたが、9月6日に北海道で発生した地震の影響で中止となった。約9カ月の時を経て、ブラジルの地で対戦が実現する。「試合が流れたことは当然だと思いますし、世界の強豪であるチリと対戦できなかったことは残念でした。ただ、このコパで対戦できることを嬉しく思っています。自分たちの立ち位置を知るため、常にチャンレンジ精神を持って臨みたい」と話した。

 今大会は平均年齢22歳、東京五輪世代が中心のチームで臨む。「招待国の我々にとっては今大会の代表招集が難しい。最強の日本代表ではないかもしれませんが、Jリーグ、大学、海外クラブの協力があってチームを構成できました。若い選手たちには、さらに先の日本代表定着を目指して、個々の力を示してもらえればと思います」と期待を寄せた。

取材・文=三島大輔

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。