久保建英の新天地レアル・マドリード・カスティージャってどんなクラブ?

久保建英の新天地レアル・マドリード・カスティージャってどんなクラブ?
 若干18歳でA代表のデビューを飾り、コパ・アメリカでも印象的な活躍を見せた日本代表FW久保建英が、いよいよ7月にレアル・マドリード・カスティージャへ加入する。

 スペインではカスティージャの名前だけでも通じる久保の新天地とは、レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)で最上位カテゴリーに位置するリザーブチーム(Bチーム)のことだ。10歳から3年半過ごしたバルセロナへの復帰も囁かれていた久保が、宿敵レアル・マドリードのカンテラに入団することは、両者のライバル関係が日本では想像できないほど根深いスペインでは論争を呼ぶことは想像に難くない。だが、そんなことは百も承知の久保が、あえて茨の道とも言えるカスティージャを選択したのは、スペイン紙『マルカ』が年俸120万ユーロ(約1億5000万円)の6年契約と報じた条件以外にも相応の魅力があるからだろう。

 カスティージャの原点は、レアル・マドリードが地元のアマチュアチームであるプルス・ウルトラとの間で、経済援助をする見返りに希望する選手を優先的に獲得できるという提携を結んだ1948年に遡る。以降、元スペイン代表監督のビセンテ・デル・ボスケを始め、レアル・マドリードに多くの選手を供給し続けたプルス・ウルトラは、1972年にカスティージャCFへと名称を変更。完全なレアル・マドリードのリザーブチームとなり、1991年からはレアル・マドリードB、2005年からは

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュース

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。