これを読めばすべてわかる! ブンデスリーガ 18-19シーズン「全クラブ通信簿」(10位~18位編)

これを読めばすべてわかる! ブンデスリーガ 18-19シーズン「全クラブ通信簿」(10位~18位編)
 明らかにネガティブだったのは、名門の低迷を置いてほかにない。昨シーズン2位のシャルケは14位、同7位のシュトゥットガルトはプレーオフの末に2部降格が決定。ドイツ北部の歴史あるハノーファーも1部に留まれなかった。一方で、2シーズン連続の16位から6位にジャンプアップしたヴォルフスブルク、昇格1年目に10位で終えたデュッセルドルフの健闘は称賛に値する。名門ケルン、3部から2年でトップリーグまで辿り着いたパーダーボルン、初昇格のウニオン・ベルリンが新たに加わる来シーズンは、7チーム(RBライプツィヒ、ボルシアMG、ヴォルフスブルク、ホッフェンハイム、ヘルタ・ベルリン、シャルケ、ケルン)が新監督の下でリスタート。フレッシュな風が吹き荒れそうだ。

■10位:デュッセルドルフ(90点)

 満点に近いシーズンだろう。第5節から6連敗を喫し、ニュルンベルクとともに降格候補の最右翼と目されたチームの命運は尽きたかと思われた。しかし、65歳のフリードヘルム・フンケル監督の下で結束力を失わず、第12節に敵地でバイエルンと引き分け、第16節には当時首位のドルトムントに初黒星をつけるビッグサプライズを提供。堅守速攻への切り替えが吉と出て、見事に3連勝でウインターブレイクを迎えた。
 自信をつけた昇格チームは後半戦も健闘。正確なフィードも光ったCBカーン・アイハンを中心に粘り強く守り、攻めてはバイエルン戦でハットトリックのドディ・ルケバキオや俊足のベニト・ラマンらウインガーが崩しとフィニッシュの局面で輝いた。特に前者の好調時は圧巻。爆発的なスプリントと華麗な足技で対峙した相手を翻弄した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。