U-21イタリア代表、堅守ポーランドを崩せず痛恨の敗戦…決勝T進出条件は?

U-21イタリア代表、堅守ポーランドを崩せず痛恨の敗戦…決勝T進出条件は?
 6月はイタリアのサッカーファンにとって、男子ワールドカップが開催されない年であれば、物寂しい月だ。しかし、国際大会が目白押しの今年は違う。U-20は4位に終わったものの、史上初の決勝進出の期待を膨らませた。フランスで現在行われている女子ワールドカップでは、グループリーグ最終節でブラジルに敗れはしたが、初戦で難敵オーストラリアを逆転で2-1と下し、決勝トーナメントに駒を進めた。初の1位通過となる女子の快進撃は、普段はサッカーに関心があまりない人々まで巻き込み、ちょっとしたアッズリーネ(女子イタリア代表チームの愛称)・ブームが巻き起こっている。

 そして、地元でU-21欧州選手権を戦うアッズリーニだ。初戦でスペインに3-1と逆転勝利を収め、2004年大会以来15年ぶりとなる欧州奪還に国民の関心は集まっている。この年代がスペインに勝利するのは13年ぶり、欧州選手権であれば、1996年大会以来だった。特に、A代表組のフェデリコ・キエーザをはじめとした6人はスポットライトを浴び、「マニーフィチ・セイ(偉大な6人)」とメディアも強い関心を寄せている。

 そんなアッズリーニの第2戦の相手はポーランド。グループ3に所属した予選ではデンマークの後塵を拝し、2位でプレーオフへ。ポルトガルという難敵を相手に、しかも第1戦を0-1で落としながら、第2戦で3-1と勝利して勝ち上がってきた。本大会初戦もベルギーを相手に不利が予想され、スペインを相手に戦ったイタリアのように、先取点を許し、一方的に攻め込まれた。自分たちが放ったシュート数7に対し、許したシュートは18本。ボールポゼッションも42パーセントと低いものであった。それでも勝負所を読めるチームであることを証明し、3-2で白星を飾った。イタリアにとっては容易な相手ではないことは確かだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。