長友が2018-19シーズンを回顧。来シーズンは“新しい長友佑都”に期待を!

長友が2018-19シーズンを回顧。来シーズンは“新しい長友佑都”に期待を!
 ガラタサライに所属する日本代表の長友佑都がプロデュースした食事法「FAT ADAPT」(ファットアダプト)の発表会が20日に都内で開催された。発表会に登壇した長友は、トルコでの2年目となった2018-19シーズンを回顧。

「いいことばかりじゃなく、肺の手術もあったし、膝のケガもあった。その中でも、最終的にリーグ2連覇とカップ戦の優勝を成し遂げることができて、終わってみれば“最高のシーズン”だったなと言えますね」

 これまでのキャリアの中で様々な経験を積んできた長友にとっても、肺の負傷にはかなり苦しんだという。

「肺の手術の時ほど苦しい経験というのは……。入院生活を1週間したんですけれど、肺にずっと管を入れていて、こんなに健康のありがたさを学んだ1週間はなかったですね。でも、それも含めて1シーズンでいろいろな経験ができてよかったです」

 また、リーグ制覇を成し遂げたスュペル・リグ第33節、2位バシャクシェヒルとの直接対決にも言及。連覇を期待するガラタサライサポーターが醸し出す異様な熱気は、百戦錬磨の長友にも強い緊張感をもたらしたそうだ。

「日本代表の試合、海外での試合、いろいろな試合を経験させてもらっていますけど、あの熱量の中で試合をしたのは初めてですね。インテル時代はミランとのダービーとか、ユヴェントスとのダービーとかも経験してきましたが、あの試合のサポーターの熱量はその倍くらいありました。冗談抜きで“心が震える”ってこういうことだなと思いましたし、選手としてこんな中で試合ができるのは幸せだなって噛み締めましたね。正直、ワールドカップよりも緊張しましたから。普段はそこまで緊張しないんですけど、久しぶりに緊張して、前半は特に空回りしていたなと。自分の伸びしろも課題も見えたなという感じですね」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月20日のサッカー記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「酒井宏樹」のニュース

次に読みたい関連記事「酒井宏樹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。